糖尿病セミナーブログ

2015年7月25日 土曜日

薬物療法と低血糖

 
「薬物療法と低血糖」
担当:薬剤師 
 糖尿病治療薬の副作用には低血糖があります。糖尿病治療薬には、いろいろな種類の薬があり、SU剤や即効性インスリン分泌促進薬、インスリンなどは比較的低血糖が起こりやすい薬剤になります。その他の経口血糖降下薬は、単独服用時の低血糖は少ないといわれていますが、SU剤やインスリンとの併用で、低血糖が起こる可能性が高くなることがあるので注意する必要があります。低血糖症状には、冷汗、動悸、震え、倦怠感などの自律神経症状から、進行すると意識障害や昏睡などの中枢神経症状までに至る事もあり、その場合は早急な対処が必要となります。低血糖の予防のためにも薬の量や飲み方を正しく守り、外出時などは必ず砂糖かぶどう糖を携帯するようにしましょう。

投稿者 やまね病院 | 記事URL

2015年7月23日 木曜日

肥満症は危険がいっぱい!!

image1 image2

「肥満と危険」
担当:診療放射線技師 久野淳也

 本日の、糖尿病セミナーは肥満についてお話させて頂きました。糖尿病も肥満も生活習慣病の1つであり、特に肥満・肥満症に対する予防は他疾患との関連性を抑制する事が可能であり、ここ最近において異所性脂肪からの脂肪肝、脂肪肝を併発した高輝度膵と言われる病態が注目を浴びています。脂肪肝は、肝細胞へ脂肪滴(中性脂肪)が蓄積する事で発症すると言われており、高輝度膵は、膵細胞外間質へ脂肪細胞が沈着する事でおきると言われています。また、最近の報告ではこのような状態の場合、優位にメタボリック症候群を合併し、インスリン抵抗性からの糖尿病も起きやすくなると言われております。また、併発している異所性脂肪優位の方は、心疾患の危険因子である事も判明してきています。以上の内容をUS・CT画像を交えながらお話させて頂きました。今後肥満と危険を認識して肥満症にならないように日常生活を見直して頂ければ幸いに思います。


 

投稿者 やまね病院 | 記事URL

カレンダー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


大きな地図で見る

住所
愛知県名古屋市北区楠味鋺4-1524
最寄り駅
名鉄小牧線 味鋺駅 徒歩8分
外来診療時間
午前09:00~11:30
午後04:00~06:00
休診日
水曜午後・土曜午後・第3土曜日
日曜・祝日

詳しくはこちら