ホーム > インフルエンザ・肺炎球菌ワクチン

各種ワクチン

成人型肺炎球菌ワクチン

日常生活における「肺炎」という病気の原因となる菌のうち、 約3割強を占めるのが肺炎球菌という菌です。

近年、ペニシリンなどの抗生物質の効きにくい肺炎球菌が増えているため予防が大事です。

また、インフルエンザにかかることによって、肺炎を引き起こす要因となることがあります。
インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの両方を接種することにより高い肺炎予防効果が期待されます。
(通常、両方のワクチンは一週間以上あけて接種します。)

対象者

     

費用

現在、成人型肺炎球菌ワクチン接種につきましては、
  自己負担で接種する方法
  公費(国による)接種する方法の2通りがあります。

詳細につきましては、当院窓口及び、下記サイトにてご確認ください。

 

肺炎球菌ワクチン関連リンク
http://www.haien-yobou.jp/

インフルエンザ

インフルエンザ予防接種 予約受付中! 当院で通院中の患者様が対象となります。 予約・問い合わせは診療時間内でお願いします。

今年もインフルエンザの季節がやってきました。
多くの風邪は鼻水、くしゃみ、咳、微熱などが中心で、どちらかというとだらだらと続きます。
これに対してインフルエンザは突然の高熱、節々の痛み、全身のだるさなどで始まり、咳などは後から追いかけるように現れることが多いというのが特徴です。

風邪やインフルエンザにかかった人の唾液やしぶき、また直接の接触などによってのど、鼻、目などから侵入し感染が広まります。
これらを防ぐためにも手洗い、うがい、マスクの着用をしましょう。

インフルエンザ予防法

風邪やインフルエンザにかかった人の唾液やしぶき、また直接の接触などによってのど、鼻、目などから侵入し感染が広まります。
これらを防ぐためにも手洗い、うがい、マスクの着用をしましょう。

1.手洗い

流水(水道水)で石鹸を使って洗うのが基本です。
しかし、水だけでも石鹸を使っている時と同じように洗うことで十分な効果が得られます。
洗った後、清潔なタオルなどで手をしっかり拭くことも大切です。

2.うがい

のどを清潔にして、粘膜をなめらかにし、ウイルスの侵入を防ぎます。

3.マスクの着用

唾液が飛ぶこと(飛沫)による他人への感染を防ぐとともに、
自分への感染も防ぐことができます。

マスクを着用したり、手を洗ったりする事は周りの人にうつさないための 気配りでもあります。
体の異常を感じたら、マスクを着用し、早めに病院へ受診しましょう。

咳エチケット

  • 周囲の人から1m以上離れてください。
  • 咳やくしゃみのしぶき(飛沫)は約2m飛びます。
  • ティッシュで口を覆い、顔をそらせて下さい。
  • マスクがない場合は、ティッシュなどで口と鼻を覆い、他の人から顔をそらして、1m以上離れます。
  • 外出したらうがい、手洗いを行って下さい。
  • 手洗いは石鹸を使って最低15秒以上行い、洗った後は清潔なタオルやペーパータオル等で水を十分に拭き取りましょう。
  • 口を覆ったティッシュはゴミ箱へ。
  • 咳やくしゃみを抑えた手はただちに洗ってください。
  • 咳やくしゃみを手で覆ったら、手を石鹸で丁寧に洗いましょう。
  • マスクを着用してください。
  • 咳、くしゃみが出たらマスクを着用しましょう。
    また、家庭や職場でマスクをせずに咳をしている人がいたら、マスクの着用をすすめましょう。


大きな地図で見る

住所
愛知県名古屋市北区楠味鋺4-1524
最寄り駅
名鉄小牧線 味鋺駅 徒歩8分
外来診療時間
午前09:00~11:30
午後04:00~06:00
休診日
水曜午後・土曜午後・第3土曜日
日曜・祝日

詳しくはこちら